ホーム > 一般歯科

一般歯科

一般歯科

誰もが歯とは、一生のお付き合い。
だからこそ、ずっと健康に保っていただきたい。

一般歯科

大切な歯を長持ちさせるために

どんな治療方法がいいか、どんな詰め物や義歯をしたらいいかなどは、患者さん一人ひとりの状態や希望によって違います。その都度モニターなどを使い、相談していきながらしっかりと説明致します。一緒に決めていきましょう。

たとえば虫歯であれば、どうしても悪い部分だけを特別なタービンで削り、詰め物でふさぎます。
当院のタービンは歯の悪い箇所だけを削り、虫歯を取り残さない専用の機器を使っているため、できる限り歯を残して治療することが可能です。

当院ではできる限り患者さんの歯を残すために、必要以上に歯を削ったり抜いたりすることはありません。
どうしても抜かなければならないときは、事前に説明して納得していただいた上で抜歯します。

また、当院では診療の際のレーザーを使用する治療をたくさんの方に使用したいと考えておりますので無料で行っています。

歯科材料へのこだわり

小さな虫歯の場合はあまり問題ありませんが、歯と歯茎の間まで進んでしまった場合、使用材料に注意する必要があります。たとえば、プラスチックを装着すると変色や再発しやすくなる場合があります。長期的にみると銀やセラミックなど、しっかりとした補綴物を入れた方が良い場合があります。
前歯にジルコニアを入れる場合、当院では審美面・歯への負担を考えて、冠の内側にファイバーポストという白い材料を使用しています。
それまでは冠の内側に金属を入れていましたが、歯の色に透明感がなく、ファイバーポストを使用することで自分の歯と同じような透明感をつくることができました。

ファイバーポストを覆う冠には、ジルコニア(審美面・耐久面に優れたノリタケ製)を使用しています。これによって噛みやすく、割れにくく、自分の歯と同じような透明感がある歯の色や形をつくることができます。

痛くない治療を心がける
痛くない治療

“痛くないようにする努力”というのは、当たり前のことかも知れません。
治療をする際に痛みを感じる場合は、あらかじめ麻酔をしてから治療を行いますので、ご安心ください。「麻酔の注射が苦手」とおっしゃる方も多いのですが、実は麻酔注射はそんなに痛くありません。
まず、歯ぐきに表面麻酔をし、そこに温めた液を電動麻酔器でゆっくりと時間をかけて注射しますので、痛みやジーンといった感覚を減らすことができます。麻酔の注射の痛みは、太い針で冷たい液を早く注入したときに感じるのです。

過去に麻酔で嫌な思いをしたことがある方は当院で試してみてください。

それは歯周病かも知れません

「歯を磨くと歯ぐきから血が出る」「歯ぐきが赤く腫れている」「歯ぐきがぷよぷよしている」など、歯ぐきに何らかの異常を感じるときは、歯周病の可能性があります。虫歯もそうですが歯周病は症状がなくても放っておいて治ることは絶対にありませんので、一日も早く歯科医院で診察を受けましょう。

歯周病は歯に付着したプラーク(歯垢)が原因となって歯ぐきが腫れ、しまいには歯の骨が溶けてしまう怖い病気です。およそ8割の日本人は歯周病になっているとも言われています。

歯周病をそのままにしておくと、細菌が体に入って心臓病や糖尿病などのさまざまな病気を引き起こしたり、治りにくくしてしまう場合があります。
細菌のほとんどは口を通して侵入しますから、口の中をきれいに保つことは、体全体の健康を保つことでもあり、病気が改善することにもつながることがあります。

歯周病治療について

歯周病の治療の基本は、歯と歯ぐきのお掃除です。そのためにはクリニックで行う治療のほかに、患者さんご自身の治療への協力と日々の努力も必要です。一緒に直していく必要があります。

クリニックでは超音波スケーラーで歯石やプラーク(歯垢)を取り除き、歯と歯ぐきのクリーニングを行います。
その際、当院ではVarios750という超音波スケーラーとハンドスケーラーを使ってクリーニングしますので、一般的な歯医者での「キリキリ」という音や振動が少なく、痛みもあまりありません。

そしてご自宅では、患者さんご自身のブラッシングが欠かせません。クリーニングの際に患者さんの歯ぐきの状態にあった歯ブラシやブラッシングの方法も衛生士がお教えしますので一緒にがんばりましょう。

バクテリアセラピー

歯周病の改善に役立つ方法のひとつとして、当院では歯周病菌を特別な乳酸菌で除菌する“バクテリアセラピー”をご紹介しています。


これはスウェーデンのBio Gaia社が、医療機関を通して販売している製品です。飴のようになめるだけで、歯周病菌や虫歯菌だけでなく体内の悪玉菌を善玉菌と入れ替えることができ、体全体の免疫力アップにもつながります。

この乳酸菌は母乳由来の100%自然なもので、人体に悪影響を及ぼすことはありません。
ある実験では、バクテリアセラピーを実施したことで歯周病菌が約90%除菌できたそうです。
院内に飾ってありますので、ご興味のある方はお声をおかけいただければと思います。

バクテリアセラピーの効果

バクテリアセラピーは歯周病菌を特別な乳酸菌で除菌します。赤ちゃんが飲む母乳由来で出来ているためすべての人にやさしいです。
これを実施したことにより下記のような効果が出ております。
・歯周病菌が約90%除菌
・4週間で重度・中度の歯肉炎患者の58%が軽快・治癒
・歯周病治療の効果が約3倍
・口臭スコアゼロの患者が5倍以上
・30日後60%の患者はピロリ菌が完全消滅

その他の効果
アトピー、便秘、虫歯、歯周病、口臭、糖尿病、心疾患、誤嚥性肺炎などに効果的です。

予防の大切さ
予防の大切さ

予防先進国と言われるスウェーデンでは、虫歯は日本の半分以下、歯周病はなんと1/4以下しかありません。その秘密は、「PMTC」(*)という予防のプログラムを、国民の大半が定期的に受けているからです。

PMTCは、専門の機械を使って、歯の汚れを完全にきれいにする予防治療の方法です。当院でもこのPMTCを取り入れており、歯科衛生士が時間をかけてしっかりとクリーニングを行います。
(*)PMTC=Professional Mechanical Tooth Cleaning

予防治療について

「毎日自分で歯を磨いているから大丈夫」と思われている方も多いのですが、実は普段の歯磨きだけでは落ちない汚れがあり、それは専用機器を用いて取り除く必要があります。定期検診を受けることによって、虫歯や歯周病になりそうな場所も事前にチェックし、早期発見・早期治療が可能です。

虫歯や歯周病の原因となるバイオフィルム(歯の表面についた細菌のかたまり)は、約3カ月で再生されるため、それを目安に予防治療を受けられるといいでしょう。

クリーニングと一緒に茶渋やヤニをきれいに

歯のクリーニングをしっかり行い、細かいパウダーと水を含むジェットストリームを歯に噴射し、タバコのヤニや茶渋・プラークなど取り除き短時間できれいにしていきます。


 
鈴木歯科へのご予約お問合わせはこちらTEL:042-323-1839 診療時間9:30~13:00 15:00~20:00 駐車場3台完備・「西国分寺」駅徒歩7分

新着情報

一覧を見る

2016/08/08

夏季休診のお知らせ

夏季休診は11日(木)~18日(木)までになります。
宜しくお願いいたします。

アクセス


大きな地図で見る
■所在地
〒183-0042
東京都府中市武蔵台3-15-1
・西国分寺駅徒歩7分
・駐車場3台完備
■診療時間
9:30~13:00 15:00~20:00
■休診日
土日午後、木曜、祝祭日
■電話番号
042-323-1839

詳しくはこちら