入れ歯治療

当院の入れ歯治療

院長は、長年の経験から入れ歯治療を得意としています。そのため当院には、現在使用中の入れ歯に違和感や痛みが生じるというお悩みを抱えて来院される患者さんが非常に多くいらっしゃいます。当院では、保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯をご用意しています。数種類の入れ歯の中から組み合わせた、患者さん一人一人に合わせたコンビネーションの入れ歯を作製しています。入れ歯だけではなかなかフィットしないという方や入れ歯でもっと噛み合わせを安定させたいという方には、インプラントとのコンビネーションにも対応しています。保険のものであってもしっかりとフィットするように丁寧に作製していますので、これまで保険診療の入れ歯でお悩みだった方も、まずは一度ご相談ください。

入れ歯の種類

保険義歯

保険義歯は費用を安く抑えられるほか、修理がしやすいというメリットもあります。しかし、自費診療の入れ歯よりも義歯床が厚いため、比較的痛みが出やすく、装着時の違和感が強く痛みが出る可能性もございます。とはいえ当院では、保険義歯でもできる限りフィットするものをご提供しています。

金属床義歯

これは、比較的痛くない且つ衛生的で力も入れやすいです。義歯床が金属でできているため、入れ歯を薄く作ることができます。そのため、装着時の違和感が少ない、発音がしやすいなどのメリットがあります。しかし、修理が難しいというデメリットもありますので、注意が必要です。

磁性アタッチメント義歯

残っている歯やインプラントと入れ歯に磁石を取り付け、入れ歯を安定させます。留め金がないため見た目がよく、安定感します。

コンフォートデンチャー

これは、柔らかく力が入り痛くないものです。生体用シリコーンで作られた入れ歯です。弾性があり、噛んだ時に歯肉にかかる負担が少なく、痛みも出にくい特徴があります。また、シリコーンが吸盤のような役割を果たし吸着しますので、外れにくく、入れ歯と歯肉の間に食べ物が詰まりにくくなります。

 

詳細はこちら(https://www.bitecglobal.com/)

ノンクラスプデンチャー

金属のバネを使用していないため、入れ歯だとわかりにくく、審美性に優れています。また、ナイロン樹脂でできていて、薄くて軽いので装着時も違和感がなります。

 

当院ではこれらのデンチャーを単体で使用することも出来ますが、2〜3つを組合せることでよりご希望に沿ったものを提供しております。

術後のメンテナンスが大切です

歯ぐきは年齢とともに退縮していくものです。そのため、はじめはしっかりフィットしていても徐々に合わなくなってくるということがあります。入れ歯は、入れたら終わりではなく、その後のメンテナンスが何より重要なのです。一度入れた入れ歯を長く良い状態でお使いいただくために、当院の患者様の状態や希望に合わせて、通っていただいています。健診では、歯ぐきが痩せていないか、腫れていないか、痛みや違和感が出ていないかなどを確認しながら、必要があれば入れ歯の調整を行っています。

入れ歯の材料にもこだわっています

痛みや違和感なく装着できる入れ歯の作製は、正確な設計と材料選びが大切なポイントです。当院では、患者さんに気持ちよく快適な入れ歯生活をお送りいただくためにも、材料選びにとことんこだわり、ぴったりとフィットする入れ歯をお作りしてまいります。

  • 院長  鈴木 達夫
  • 鈴木デンタルクリニック
  • セカンドオピニオンを 行っております 500円(税抜)
  • 鈴木歯科医院
  • 鈴木歯科医院の口コミ・評判
  • BLOG 鈴木歯科通信
  • お電話はこちら イー歯サンキュー 042-323-1839
  • WEB予約 初診の方
  • WEB予約 再診の方